ホーム > Webビジネス戦略レビュー > Webビジネス戦略理論

Webビジネス戦略レビュー

WEB BUISINESS STRATEGY REVIEW

Webビジネス戦略理論


【IT時代のブランド戦略 vol.01】

Googleペンギン2.0でオーソリティ理論が加速する

いよいよ『オーソリティ理論』の本格化が確実になりました。
Googleの検索品質チームのリーダーであるマット・カッツ氏が、Googleが来月にも検索アルゴリズムを大きく変えることを今月アナウンスしました。そのプロジェクト名は『ペンギン2.0』。『ペンギン』アップデートとは、Googleのガイドラインに違反して、故意に検索順位上昇させようとするサイトを排除するためのアルゴリズムのことです。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

10.Webプラットフォームと運営体制

Web世界のブランド戦略とは何か、を簡単に表現すると、自社のオーソリティ・テーマでアクセス数を増やすことです。
より多くの人々に、自社のアイデンティティに触れてもらうことで、ブランド認知を行います。このあたりは、リアル世界のブランディング方法と同じですが、Web世界のブランド戦略が違うのは、自らトラフィックを作る必要がある点です。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

9.情報更新の頻度をコントロールする

CVRの高いリピート訪問者を獲得するには、情報更新を心がける必要があります。
代わり映えのないコンテンツ内容では、何度もサイトに訪れる価値が感じられません。これを避けるには、当初サイトを設計する時点で、情報更新が円滑にできるコンテンツ構成を決めることが重要です。つまり、スケーラブルな展開が期待できるコンテンツ内容を予め企画することです。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

8.ライフタイムバリューで顧客体験を向上させる

アマゾンほど顧客体験(UX)に投資をしている会社はありません。
低価格、利便性、品揃え。ユーザが満足することに対して、徹底的な研究と実行を行っています。同じように、顧客サービスの素晴らしさで有名なザッポスを、2009年に買収したのも、この2社が顧客体験の追求というフィロソフィーを共有できてたからに他なりません。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

7.Webデータ解析で投資対効果を最適化する

ソフトバンクは「頭を使っている」と言います。
2013年4月9日の「Oracle CloudWorld Tokyo」。基調講演を行った孫正義氏は、ソフトバンクが進めているビッグデータの活用法を披露しました。「少ない設備投資金額で、より大きな効果が得られる」ビッグデータ分析によって、投資対効果の最適化が可能になると話しています。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

6.メインユーザはCVRの高いリピート訪問者を狙う

インユーザの設定は、Web戦略上、最も重要ですが、意外にも間違いやすいポイントです。
新規訪問者のCVRは平均で0.5%~1%と極端に低いのに比べ、リピート訪問者のCVRは平均5%~10%と非常に高い傾向があります。自社サイトのコンテンツ構成を考えるなら、リピート訪問者に見てもらえるような内容を主軸にする方が、圧倒的に効果が高いのです。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

4.コンテンツの詳細はUbersuggestで作る

コンテンツ詳細の作り込みは、いつも悩みの種です。
なぜなら、テキストであれシステムであれ、どのようなコンテンツを作り込むかで、訪問者数が増えるのか、ユーザに見てもらえるのかが決まるからです。的外れなコンテンツを作り込めば、費やした時間と労力が全て無駄になります。したがって、良く考えてスタートしないと、戦略が間違っていたと気づいた時には、大きな痛手を負うことになります。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

3.コンテンツ内容は人気度で決める

コンテンツ内容にも、人気の有無があります。
ユーザが興味あるコンテンツ内容であれば、沢山の訪問者数を集めます。反対に、ユーザがそろそろ飽きて来ているコンテンツ内容では、アクセス数は徐々に減少して行きます。インターネットの世界は『検索』が支配していますから、検索されないコンテンツをサイト内に揃えても、あまり意味がないのです。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

2.ユーザは『オーソリティ』に集まる

『オーソリティ(権威)』には、引力があります。
したがって、ユーザは自然と『オーソリティ』に集まります。
『オーソリティ』とは、同分野の他社と比較して、NO.1のコンテンツ力があるサイトです。これらのサイトは、圧倒的な網羅性で、そのテーマを独占しています。

続きを読む >


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則

1.インターネットは『検索』に支配されている

インターネットビジネスを始めて、すぐに直面する問題があります。
それは、サイトの訪問者数を増やすにはどうしたら良いか、という基本的なことです。訪問者数が増えないと、ビジネスそのものが離陸しません。したがって、これは、非常に初歩的、かつ、クリティカルな問題です。

続きを読む >

【リーダーに勝つチャレンジャー戦略 vol.3】

景気回復に向けた売上向上戦略

世界経済がようやく浮上しようとしています。 今月13日、G8財務相会合は、世界経済の先行きは依然として不確実性が高いとしながらも、「安定化を示す兆候がある」とする共同声明を採択して閉幕しました。さらに、去る8日に開かれたOECDの経済政策委員会では、「2009年末にかけて景気は底を打ち、10年初めから回復の動きが出始める」との見方で一致し、24日に行われる閣僚理事会で、「世界経済の回復」に言及でき...

続きを読む >

美白生活 2015年10月オープン あなたのシミのお悩み解決します。

MEMBERSHIP

Webビジネス戦略レビュー会員

メールアドレスをご登録いただくと、最新のWebビジネス戦略レビューをメールでお知らせするサービスです。

お名前

メールアドレス

MOST VIEWED

【経営課題とブランド戦略vol.2】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(前編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.02】
スターバックスのブランド戦略がこれからも勝ち続ける理由

【ブランド戦略の威力 vol.14】
H&Mのブランド戦略

【経営課題とブランド戦略 vol.3】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(後編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.05】
日本酒「獺祭(だっさい)」のブランド戦略

【ブランド戦略の威力 vol.11】
なぜスターバックスは減速し始めたのか

【経営課題とブランド戦略 vol.6】
後発企業でも勝てるポジショニング戦略

30兆円の巨大市場、米国住宅リフォーム業界を狙う「Houzz」

【IT時代のブランド戦略 vol.06】
H&MとユニクロはUS市場を取れるか

実物の法律書類をオープンソースにしてしまう、法律業界の革命児Docracy

INDEX

教育・研究機関

公的機関

ファッション業界

フード業界

旅行業界

自動車業界

IT・家電業界

ネット業界

金融業界

健康・スポーツ業界

医療

海外事例

Webビジネス戦略理論

ブランド戦略理論

Keywords

ブランド戦略用語解説

▲ページトップへ