ホーム > Webビジネス戦略レビュー > IT・家電業界

Webビジネス戦略レビュー

WEB BUISINESS STRATEGY REVIEW

IT・家電業界


地元の人を食事に招くコラボレーティブな日常Feastly

見ず知らずの人を自宅に招くソーシャルサイト。
先日お話ししたCookeningの斬新なアイディアは、他にライバルなしと感じられました。が、やはりベンチャー王国アメリカ。当然のことのように、同じビジネスモデルの企業があります。
Feastlyです。しかも、Cookeningより半年も早く、2011年末にワシントンDCで起業。現在はNYやサンフランシスコにもサービスを広げています。したがって、斬新な共同消費のアイディアは、実は、Feastlyから始まったのです。

続きを読む >


見ず知らずの人をご飯に招く?新感覚な共同消費の世界Cookening

コラボレーティブ経済のビジネスモデルは、非常にユニークです。
そもそも前代未聞の新しい世界が舞台なので、従来の常識では考えもつかない、驚きのあまり目を疑う、そのようなベンチャーに出会います。
なぜ、その発想に至ったのか。誰が実現可能と考えたのか。あまりの斬新さに、時に、その意味を理解するための想像力を大いに試される企業もあります。
Cookeningも、その一つ。2012年に、美食の街パリでスタートしたベンチャー企業ですが、ここの事業は、SNSを使って見ず知らず人を自分の食卓に招くサービスを提供しています。一体なぜ、そのようなことをしなくてはいけないのか。理由は、一緒にご飯を食べた方が、お互い食材費を節約できるばかりでなく、楽しいからだそうです。
どうやら、コラボレーティブ経済の住人達は、あらゆるモノを共有するライフスタイルを探求しているようです。

続きを読む >


コラボレーティブ経済が全世界にやって来る

2014年は、コラボレーティブな時代の幕開けとなりそうです。
先日のForbesオンラインのコラムによると、ソーシャルメディアが基盤となる現代の世界を、これまではシェアリング経済(Sharing Economy)や、共同消費(Collaborative Consumpution)など呼ばれて来ましたが、ここに来てコラボレーティブ経済(Collaborative Economy)と呼ぶようになったそうです。
どのような呼び名であっても、この世界が進んでいる道の先には、自分たちが持っているモノやアイディアを、誰かと共同で分かち合う事で、個人やビジネス、引いてはこの地球そのものにとって、より効率的な世界を築こうとする思想があります。もはや、こういった考え方は、実験的な試みや、アンダーグラウンドの活動に収まらず、むしろ今や、表側の経済活動と入れ替わろうとしているのです。

続きを読む >


Googleが投資する、次世代エンジェル投資プラットフォームAngelList

ベンチャーキャピタル(VC)の仕事がなくなるかも知れません。
AngelListは、2010年にサンフランシスコを拠点としてスタート。これまでに約24億円を調達し、その中にはGoogle Venturesも参加しています。Googleが投資するからには、余程、独創的なベンチャー企業のはずです。実際に、その通りです。AngelListは、従来のベンチャー投資のルールを根底から覆すようなサービスを提供しています。

続きを読む >


エクイティークラウドファンディングの最前線を走る、Crowdfunder

これぞ資本主義経済の革命児。
未来の資金調達を現実のものにするベンチャー企業、Crowdfunderです。2011年12月にLAで設立。その翌年の春に、オバマ大統領がJOBS Act法 (Jumpstart Our Business Startups Act)にサインし、正式にクラウドファンディング法の整備が進む事を見越してスタートした、エクイティー(株式発行型)クラウドファンディングのリーダー企業です。米証券取引委員会(SEC)も、ようやく重い腰を上げ、クラウドファンディングのルール作りを開始しました。これを機に、米国内の資金調達方法は、一変し始めること間違いありません。その最前線を走るCrowdfunderは、非常に注目の存在です。

続きを読む >


クラウドファンディングの全世界プラットフォーム、Indiegogo

Indiegogoは、Kickstarterと同様に、米国の2強クラウドファンディングと呼ばれる一つです。
共に「ドネーションベース・クラウドファンディング」が事業の主体です。しかし、両者の事業戦略は真逆と言って良いほど違います。Kickstarterは、厳しいルールのもとで運用されていることで有名です。クリエイティブワークを支援するプロジェクト以外は拒否されます。したがって、個人的な趣味や旅行の実現、チャリティープロジェクト、人生でやってみたかった事への資金調達は、Kickstarterではできないのです。さらにポストができる地域も、米国、カナダ、英国の3カ国に限定されています。
一方、Indiegogoは、ある意味何でもOKです。個人的な願いの実現から、アフリカで井戸を掘るプロジェクト、チャリティーファンドの募集まで、プロジェクトの内容に制限がありません。対象地域も全世界から参加可能であり、今後のIndiegogoの戦略も、米国だけのオペレーションに留まらず、現在急速に伸びているヨーロッパや他の地域をターゲットにしています。
今回は、Kickstarterとは対照的な、Indiegogoについて話しましょう。

続きを読む >


資金調達のパラダイムシフト、クラウドファンディングとは何か?

クラウドファンディング(Crowdfunding )。
近頃よく聞く言葉ですが、実際にこれが何なのか、日本ではまだ正確に説明できる人は少ないでしょう。クラウドファンディングは、大きく分けて2種類あります。一つは「ドネーションベース・クラウドファンディング(Donation-Based Crowdfunding )」と言われる、寄付が主体の資金調達。もう一つは「エクイティー・クラウドファンディング(Equity Crowdfunding)」と呼ばれる、株式の発行による資金調達です。
米国では、JOBS Act(Jumpstart Our Business Startups Act)と言う新しい法律によって現行の証券法を改正し、ベンチャー企業がクラウドファンディングを通じて資金調達できるようにするなど、国をあげて新しい資金調達の仕組みを作っています。500以上も存在すると言われるクラウドファンディングサイト。その中でも有名なのが、KickstarterとIndiegogoです。

続きを読む >


世界で流行する個人間アウトソーシングの代表格TaskRabbit

個人が個人を助ける時代。
そんな世の中を実現するWebサービスが、世界中で流行っています。その代表格が米国のTaskRabbit。2008年にCEOのLeah Busque氏がスタートさせた、CtoCアウトソーシングのプラットフォームサービスです。同社のサービスは、創業拠点のボストンから始まり、シカゴ、LA、NY、サンフランシスコ、シアトルと、瞬く間に広がりました。これまでの資金調達額は、シリーズCまでで約38億円。これに続くように、似たようなサービスを展開しているスペインのEtece、イギリスのSooqiniなども、今年に入って資金調達を開始しました。
日本でも以前から同様のサービスが待望されていましたが、ついに最近、Any+Timesというサイトがサービスを始めたところです。

続きを読む >


ビル・ゲイツ氏も投資する、世界を根底から変えてしまうベンチャー、ResearchGate

研究者向けソーシャルサイト。
言葉にすると非常に地味で、経済活動とは無縁のベンチャーに聞こえます。しかし、既にシリーズCで35億円を調達し、その投資家の中には、あのマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏も名を連ねているとなったら、この会社の印象は大きく変わるでしょう。それが今、科学の世界を根底から変えてしまうと言われている、注目のベンチャー企業、ResearchGateです。この会社が運営するソーシャルサイトは、世界中の科学者や研究者をオンライン上でつなぎ、従来よりも早く、そしてより効率的な研究活動を支援するサービスを提供しています。登録している研究者の数は300万人。130国以上の国々からアクセスされる、世界規模のサイトです。

続きを読む >


仲間と励まし合いながらシェイプアップを成功させるFitocracy

ついに、フィットネスまでソーシャルの時代になろうとしています。
これまでフィットネス系SNSと言えば、ランニングアプリのRunkeeperが有名でしたが、走りだけでなく、ウェイトトレーニングを始め、総合的なフィットネス体験を管理・シェアできるサイトが、Fitocracyです。会員数は100万人。Runkeeperの2500万会員と比較するとまだ駆け出しの域ですが、今後のスケーラビリティーはFitocracyの方があるのではないかと注目されているベンチャー企業です。その理由は、フィットネス業界に存在するあらゆるサービスが、Fitocracyの上で展開できる可能性があるからです。

続きを読む >


Facebookの友達次第でお金を貸し出すソーシャル融資企業Lenddo

お金を借りる審査が、Facebookの友達関係で決まったら、どうなるでしょう?
個人の預金残高や、銀行との取引履歴ではなく、あなたを信用できるだけの友人が周りにいれば、合格です。喜んでお金を貸しましょう。
こういう面白い発想のベンチャーが、2011年からNYでスタートしています。ソーシャル信用情報サービスのLenddoです。従来の金融業界の枠組みでは、信用が足りなくてお金を借りる事ができない人々を対象に、オンライン上での人間関係や発言内容をもとに、新しい個人の信用度を算出し、ローンやマイクロファイナンスを提供しています。サイトの会員数は35万人。主に、東南アジアや南米など、資金需要のある新興市場を中心にサービスを展開しています。

続きを読む >


実物の法律書類をオープンソースにしてしまう、法律業界の革命児Docracy

今やあらゆるモノが「シェア」される時代。
ならば、法律書類もシェアされても良いのでは。

NYに拠点を置くDocracyは、そんな発想から生まれたベンチャー企業です。
彼らのミッションは「使える法律書類を無料で普及させる」ことだと言います。Docracyのサイトでは、一般的な取引契約書や、機密保持契約書、遺言、信託など、既に過去に利用された実際の法律書類を公開し合い、お互いの法律事務に役立てるコミュニティサイトです。従来のようなテンプレートではないので、ユーザは自身が必要とする法律文書に限りなく近い「実物」が手に入るのです。

続きを読む >


30兆円の巨大市場、米国住宅リフォーム業界を狙う「Houzz」

久しぶりにシリコンバレーベンチャーの話題です。
アメリカの住宅リフォーム市場は30兆円。この巨大市場に、設立わずか4年で旋風を巻き起こすベンチャー企業があります。その名も「Houzz」。この企業が運営するサイトは、全米の建築家やインテリアデザイナー25万人が登録し、彼らの実績写真200万点が公開されているオンラインコミュニティです。閲覧ユーザの90%が、リフォームを考えている一般世帯。好みのデザインを見つける最初の一歩から、建築家やデザイナーとのマッチングまで、Houzzのプラットフォームがフルサポートしています。
その人気ぶりは圧巻です。月のユニークユーザが1500万人、携帯アプリのダウンロードが1000万件と、驚異的な成長を続けています。資金面も、シリーズCまでの調達で約48億円を完了。Zapposの元共同創業者も投資する、今後の展開が超有望視されているIT企業です。

続きを読む >


医師同士のオンラインコミュニティで世界を救うSermo

米国に20万人の医師が登録しているコミュニティサイトがあります。
2006年にスタートし、現在68の医学分野をカバーするSermo(セルモ)です。このSermoが、医療に革命を起こすと言われています。
Sermoは、医師免許を持つユーザだけが利用できる、クローズドコミュニティが特徴です。元々は、薬や術後の副作用に関する情報を、医師同士で共有するために作られました。しかし、今日では、診断方法や症例、医療機器の使い方など、医療現場におけるあらゆる知識を共有・蓄積し、それぞれの最前線で過去に事例がなくても、より正確な対応できるような支援をオンラインテクノロジーで提供しています。
日本のソフトバンクキャピタルも出資している、このSermo。これからの医療現場を大きく変える可能性を秘めています。

続きを読む >


時価総額8000億円の大手ソフト会社とクラウドベンチャーの提携は新時代の予兆か

時代の主流は明らかに、クラウド型ビジネスサービスです。
2009年にスタートした、米国ボストンを拠点とするテクノロジーベンチャー企業「GrabCAD」もその一つです。CADエンジニア向けのコミュニティを基盤に、クラウドベースで技術者同士がデザインやCADモデルを交換するプラットフォームを提供しています。既に、GrabCADのサイトでは、全世界で70万人の技術者が登録し、24万点のCADモデルが公開されています。そして最近、時価総額8000億円の世界的な大手デザインソフト会社、Autodesk社と戦略提携し、これによりソフト業界そのものが大きく変わると予測されています。

続きを読む >


打倒Oracleを掲げるクラウドPOSベンチャー、Erply

Oracleやマイクロソフトに、正面から挑むベンチャー企業がNYにあります。
iPadを利用したクラウド型POSシステムを提供するErplyです。iPadに専用のクレジットカードリーダーを装着すれば、これ1台でPOS端末が完成です。データ管理は、リアルタイムに全てクラウドシステムで行えます。この手軽さが評判となり、既に10万店舗以上がこのシステムを採用しており、合計4500万点の商品を管理しています。今後は、店舗数が200店以上あるFortune500企業を中心に営業し、次世代POSシステムとして浸透させる計画です。

続きを読む >


【IT時代のブランド戦略 vol.03】

iWatchでアップルは最強のブランド力を証明できるか

アップルの株価が、米ナスダックでようやく下げ止まろうとしています。
昨年は、世界一の時価総額を誇ったアップル。2012年9月の1株700ドル越えを境に、実に40%も下落し、現在は450ドル近辺で落ち着きを取り戻しています。
そのきっかけの一つは、ティム・クックCEOが繰り返し、アップルの革新的な創造力の健在ぶりを強調し、今後も世界を驚かす画期的な製品を送り出すことを約束しているからです。

続きを読む >

【リーダーに勝つチャレンジャー戦略 vol.6】

リピート数増加対策の実践

リピートを増やすには、ファンが必要です。 そして、ファンを作るには、ブランドとしての独自の世界観が不可欠です。 MUJIはミニマリズムの世界観を、ヴァージンは革新の世界観を、ハードロックカフェはロック人生の世界観を、アップルは先端ライフスタイルの世界観を、ディズニーは永遠の夢の世界観を。人々は、自分に合った、それぞれの世界観に魅了され、それぞれのブランドを信奉し、ファンとなりリピートします。いわば...

続きを読む >

【リーダーに勝つチャレンジャー戦略 vol.2】

チャレンジャー戦略の神髄

チャレンジャー戦略の神髄は、マーケット・リーダーの弱点を攻めることです。 古今東西における最高の兵法書と言われる『孫子の兵法』。そこには、「実を避けて虚を撃つ」という言葉があります。 相手がどれほど強大でも、必ず手薄の部分があり、つけこむ隙が存在する。そこを攻めることにより、戦いの主導権を握って勝利を収めることができる、という意味です。 チャレンジャー戦略は、まさに、「実を避けて虚を撃つ」戦略です...

続きを読む >

【リーダーに勝つチャレンジャー戦略 vol.1】

デル社に見る急成長戦略

昨年ノーベル経済学賞を受賞した、ポール・クルーグマン教授。 先日の会見では、今後のアメリカ経済は、日本の失われた10年よりも厳しいとの認識を示しました。まさに、米型資本主義の崩壊であり、景気回復は長期戦の様相を深めています。仮に、景気が戻っても、消費マインドの変化は避けられそうにありません。 コンピュータメーカーのデル社においても、直近の業績は軟調です。しかし、今回は、ガレージから創業し、今や6兆...

続きを読む >

【経営課題とブランド戦略 vol.14】

視点による価値創造をどう進めるのか

健康エコナのヒットは、花王の事業戦略に大きな可能性をつくりました。 それは、新たな収益源を得たというだけでなく、『花王=健康』というブランド・イメージを確立することに成功したからです。その後に投入された、健康エコナ マヨネーズタイプ、健康エコナクッキングオイル、ヘルシア緑茶は、このブランド・イメージを最大限に活用したものです。しかし、もっと驚くべきことは、この健康エコナ誕生のきっかけとなったのが、...

続きを読む >

【経営課題とブランド戦略 vol.10】

強いブランドの共通点

今年も残りわずかとなりました。 今回は、これまでの総集編として、強いブランドとは何かを整理したいと思います。 結局、強いブランドの共通点は何なのか。 顧客を魅了し、優秀な人材を引きつけ、社会に注目される要素。これまでブランドについて、様々な視点からお話しして来ましたが、私は次の一言だと思います。 それは、『徹底した挑戦』です。 強いブランドは、常に挑戦的です。新しい価値を生み出そうとする活力。社会...

続きを読む >

【経営課題とブランド戦略 vol.5】

ブルーオーシャン戦略とブランド戦略(後編)

ブルーオーシャンと言えども、ライバルが押し寄せれば、いずれレッドオーシャンになるのではないだろうか。 また、レッドオーシャンに陥ってしまってから、再びブルーオーシャンを発見することは可能なのか。 ネット検索で、『ブルーオーシャン戦略』と引いてみると、任天堂のWiiの話が出て来ます。 『ブルーオーシャン戦略』の著者である、W・チャン・キム氏も、Wiiはブルーオーシャン戦略を見事に実現していると評価し...

続きを読む >

【経営課題とブランド戦略vol.1】

商品のコモディティ化を避けるには

商品は、必ずコモディティ化します。 どのようなモノでも、いつかは陳腐化するものです。しかし、近年の課題は、モノ余りの世の中での激しい価格競争が、コモディティ化の加速に拍車をかけており、そのスピードは毎年のように速くなっていることです。 例えば、デジタル家電を代表する液晶テレビ。数年前は、高嶺の花のような価格だったことを覚えているでしょうか。今では、中国製品の安売りも相まった急激な価格下落により、誰...

続きを読む >

【ブランドの原点を探る vol.2】

ブランドの原点とコミットメント

ブランドの原点とは、顧客へ対するコミットメント(約束)です。 例えば、トヨタの車は高い品質と耐久性を。VOLVOは安全性を。BMWはスポーティな楽しみを。それぞれの企業が顧客へ約束しています。このようなコミットメントが、ブランドの原点となることで、顧客は安心してその企業にお金を払うことができるのです。 一方、ブランディングが難航するとういことは、コミットメントが明確でない、または、そのコミットメン...

続きを読む >

【ブランドの原点を探る vol.1】

完全復活したアップル社のオリジナリティ

「多くの場合、人はモノを見せないと、自分がそれを欲しいかどうかすら分からない」 アップル社の創業者、スティーブ・ジョブズ氏の言葉です。 だからアップル社は、今も、未来のモノを形にしています。 今回のシリーズは、「ブランドの原点を探る」です。 強いブランド力を武器に、確実に発展を遂げる企業や商品。これらのパワーの源はどこにあるのか?また、同じような強いブランドを築くには、何を押さえる必要があるのか?...

続きを読む >

【トレンドを読む vol.3】

トレンドにはリズムがある - 循環するイノベーション -

ダイソンをご存知でしょうか? 変わった色と形をした、紙パックがいらない掃除機です。今でこそ他社メーカーも同じようなデザインになってきたので目立ちませんが、10年前に発売された当時は画期的な出来事でした。何しろ掃除機と言えば「ゴミを吸う機械」ですので飾り気などありませんでした。ダイソンの楽しげなデザインは、より豊かな生活を夢見る当時の消費者の心をしっかりと掴むことになり、後の掃除機の新しいトレンドを...

続きを読む >

【トレンドを読む vol.1】

メガトレンドを味方につける

前回は、ポジションの大切さについてお話ししました。 しかし、日頃、私はお客様から、 「ポジションの必要性は分かったが、自分の好き勝手なことで良いのか?」 と質問を受けます。 今回は、強いポジションを作る最も簡単な方法である「メガトレンド」という視点から考えてみたいと思います。 さて、「メガトレンド」とは、時代の大きな流れ、全世界的なトレンドの方向を指します。 流行とメガトレンドは違います。流行は、...

続きを読む >

美白生活 2015年10月オープン あなたのシミのお悩み解決します。

MEMBERSHIP

Webビジネス戦略レビュー会員

メールアドレスをご登録いただくと、最新のWebビジネス戦略レビューをメールでお知らせするサービスです。

お名前

メールアドレス

MOST VIEWED

【経営課題とブランド戦略vol.2】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(前編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.02】
スターバックスのブランド戦略がこれからも勝ち続ける理由

【ブランド戦略の威力 vol.14】
H&Mのブランド戦略

【経営課題とブランド戦略 vol.3】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(後編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.05】
日本酒「獺祭(だっさい)」のブランド戦略

【ブランド戦略の威力 vol.11】
なぜスターバックスは減速し始めたのか

【経営課題とブランド戦略 vol.6】
後発企業でも勝てるポジショニング戦略

30兆円の巨大市場、米国住宅リフォーム業界を狙う「Houzz」

【IT時代のブランド戦略 vol.06】
H&MとユニクロはUS市場を取れるか

実物の法律書類をオープンソースにしてしまう、法律業界の革命児Docracy

INDEX

教育・研究機関

公的機関

ファッション業界

フード業界

旅行業界

自動車業界

IT・家電業界

ネット業界

金融業界

健康・スポーツ業界

医療

海外事例

Webビジネス戦略理論

ブランド戦略理論

Keywords

ブランド戦略用語解説

▲ページトップへ