ホーム > Webビジネス戦略レビュー

Webビジネス戦略レビュー

WEB BUISINESS STRATEGY REVIEW


STEM教育がグローバルリーダーを育てる

今、アメリカの大学では『STEM教育』が注目されています。
STEM教育とは、サイエンス(science)、テクノロジー(technology)、エンジニアリング(engineering)、数学(math)に重点を置いた教育です。アメリカ経済が今後も拡大して行く過程では、間違いなく、これら4つの分野が中心を担うと言われています。STEM教育は、この4つの分野で多くのリーダーを育成し、アメリカ経済の牽引役となる人材を、社会へ輩出することを目的としたプログラムです。

続きを読む >


地元の人を食事に招くコラボレーティブな日常Feastly

見ず知らずの人を自宅に招くソーシャルサイト。
先日お話ししたCookeningの斬新なアイディアは、他にライバルなしと感じられました。が、やはりベンチャー王国アメリカ。当然のことのように、同じビジネスモデルの企業があります。
Feastlyです。しかも、Cookeningより半年も早く、2011年末にワシントンDCで起業。現在はNYやサンフランシスコにもサービスを広げています。したがって、斬新な共同消費のアイディアは、実は、Feastlyから始まったのです。

続きを読む >


見ず知らずの人をご飯に招く?新感覚な共同消費の世界Cookening

コラボレーティブ経済のビジネスモデルは、非常にユニークです。
そもそも前代未聞の新しい世界が舞台なので、従来の常識では考えもつかない、驚きのあまり目を疑う、そのようなベンチャーに出会います。
なぜ、その発想に至ったのか。誰が実現可能と考えたのか。あまりの斬新さに、時に、その意味を理解するための想像力を大いに試される企業もあります。
Cookeningも、その一つ。2012年に、美食の街パリでスタートしたベンチャー企業ですが、ここの事業は、SNSを使って見ず知らず人を自分の食卓に招くサービスを提供しています。一体なぜ、そのようなことをしなくてはいけないのか。理由は、一緒にご飯を食べた方が、お互い食材費を節約できるばかりでなく、楽しいからだそうです。
どうやら、コラボレーティブ経済の住人達は、あらゆるモノを共有するライフスタイルを探求しているようです。

続きを読む >


コラボレーティブ経済が全世界にやって来る

2014年は、コラボレーティブな時代の幕開けとなりそうです。
先日のForbesオンラインのコラムによると、ソーシャルメディアが基盤となる現代の世界を、これまではシェアリング経済(Sharing Economy)や、共同消費(Collaborative Consumpution)など呼ばれて来ましたが、ここに来てコラボレーティブ経済(Collaborative Economy)と呼ぶようになったそうです。
どのような呼び名であっても、この世界が進んでいる道の先には、自分たちが持っているモノやアイディアを、誰かと共同で分かち合う事で、個人やビジネス、引いてはこの地球そのものにとって、より効率的な世界を築こうとする思想があります。もはや、こういった考え方は、実験的な試みや、アンダーグラウンドの活動に収まらず、むしろ今や、表側の経済活動と入れ替わろうとしているのです。

続きを読む >


Googleが投資する、次世代エンジェル投資プラットフォームAngelList

ベンチャーキャピタル(VC)の仕事がなくなるかも知れません。
AngelListは、2010年にサンフランシスコを拠点としてスタート。これまでに約24億円を調達し、その中にはGoogle Venturesも参加しています。Googleが投資するからには、余程、独創的なベンチャー企業のはずです。実際に、その通りです。AngelListは、従来のベンチャー投資のルールを根底から覆すようなサービスを提供しています。

続きを読む >


エクイティークラウドファンディングの最前線を走る、Crowdfunder

これぞ資本主義経済の革命児。
未来の資金調達を現実のものにするベンチャー企業、Crowdfunderです。2011年12月にLAで設立。その翌年の春に、オバマ大統領がJOBS Act法 (Jumpstart Our Business Startups Act)にサインし、正式にクラウドファンディング法の整備が進む事を見越してスタートした、エクイティー(株式発行型)クラウドファンディングのリーダー企業です。米証券取引委員会(SEC)も、ようやく重い腰を上げ、クラウドファンディングのルール作りを開始しました。これを機に、米国内の資金調達方法は、一変し始めること間違いありません。その最前線を走るCrowdfunderは、非常に注目の存在です。

続きを読む >


クラウドファンディングの全世界プラットフォーム、Indiegogo

Indiegogoは、Kickstarterと同様に、米国の2強クラウドファンディングと呼ばれる一つです。
共に「ドネーションベース・クラウドファンディング」が事業の主体です。しかし、両者の事業戦略は真逆と言って良いほど違います。Kickstarterは、厳しいルールのもとで運用されていることで有名です。クリエイティブワークを支援するプロジェクト以外は拒否されます。したがって、個人的な趣味や旅行の実現、チャリティープロジェクト、人生でやってみたかった事への資金調達は、Kickstarterではできないのです。さらにポストができる地域も、米国、カナダ、英国の3カ国に限定されています。
一方、Indiegogoは、ある意味何でもOKです。個人的な願いの実現から、アフリカで井戸を掘るプロジェクト、チャリティーファンドの募集まで、プロジェクトの内容に制限がありません。対象地域も全世界から参加可能であり、今後のIndiegogoの戦略も、米国だけのオペレーションに留まらず、現在急速に伸びているヨーロッパや他の地域をターゲットにしています。
今回は、Kickstarterとは対照的な、Indiegogoについて話しましょう。

続きを読む >


資金調達のパラダイムシフト、クラウドファンディングとは何か?

クラウドファンディング(Crowdfunding )。
近頃よく聞く言葉ですが、実際にこれが何なのか、日本ではまだ正確に説明できる人は少ないでしょう。クラウドファンディングは、大きく分けて2種類あります。一つは「ドネーションベース・クラウドファンディング(Donation-Based Crowdfunding )」と言われる、寄付が主体の資金調達。もう一つは「エクイティー・クラウドファンディング(Equity Crowdfunding)」と呼ばれる、株式の発行による資金調達です。
米国では、JOBS Act(Jumpstart Our Business Startups Act)と言う新しい法律によって現行の証券法を改正し、ベンチャー企業がクラウドファンディングを通じて資金調達できるようにするなど、国をあげて新しい資金調達の仕組みを作っています。500以上も存在すると言われるクラウドファンディングサイト。その中でも有名なのが、KickstarterとIndiegogoです。

続きを読む >


世界で流行する個人間アウトソーシングの代表格TaskRabbit

個人が個人を助ける時代。
そんな世の中を実現するWebサービスが、世界中で流行っています。その代表格が米国のTaskRabbit。2008年にCEOのLeah Busque氏がスタートさせた、CtoCアウトソーシングのプラットフォームサービスです。同社のサービスは、創業拠点のボストンから始まり、シカゴ、LA、NY、サンフランシスコ、シアトルと、瞬く間に広がりました。これまでの資金調達額は、シリーズCまでで約38億円。これに続くように、似たようなサービスを展開しているスペインのEtece、イギリスのSooqiniなども、今年に入って資金調達を開始しました。
日本でも以前から同様のサービスが待望されていましたが、ついに最近、Any+Timesというサイトがサービスを始めたところです。

続きを読む >


ビル・ゲイツ氏も投資する、世界を根底から変えてしまうベンチャー、ResearchGate

研究者向けソーシャルサイト。
言葉にすると非常に地味で、経済活動とは無縁のベンチャーに聞こえます。しかし、既にシリーズCで35億円を調達し、その投資家の中には、あのマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏も名を連ねているとなったら、この会社の印象は大きく変わるでしょう。それが今、科学の世界を根底から変えてしまうと言われている、注目のベンチャー企業、ResearchGateです。この会社が運営するソーシャルサイトは、世界中の科学者や研究者をオンライン上でつなぎ、従来よりも早く、そしてより効率的な研究活動を支援するサービスを提供しています。登録している研究者の数は300万人。130国以上の国々からアクセスされる、世界規模のサイトです。

続きを読む >

美白生活 2015年10月オープン あなたのシミのお悩み解決します。

MEMBERSHIP

Webビジネス戦略レビュー会員

メールアドレスをご登録いただくと、最新のWebビジネス戦略レビューをメールでお知らせするサービスです。

お名前

メールアドレス

MOST VIEWED

【経営課題とブランド戦略vol.2】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(前編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.02】
スターバックスのブランド戦略がこれからも勝ち続ける理由

【ブランド戦略の威力 vol.14】
H&Mのブランド戦略

【経営課題とブランド戦略 vol.3】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(後編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.05】
日本酒「獺祭(だっさい)」のブランド戦略

【ブランド戦略の威力 vol.11】
なぜスターバックスは減速し始めたのか

【経営課題とブランド戦略 vol.6】
後発企業でも勝てるポジショニング戦略

30兆円の巨大市場、米国住宅リフォーム業界を狙う「Houzz」

【IT時代のブランド戦略 vol.06】
H&MとユニクロはUS市場を取れるか

実物の法律書類をオープンソースにしてしまう、法律業界の革命児Docracy

INDEX

教育・研究機関

公的機関

ファッション業界

フード業界

旅行業界

自動車業界

IT・家電業界

ネット業界

金融業界

健康・スポーツ業界

医療

海外事例

Webビジネス戦略理論

ブランド戦略理論

Keywords

ブランド戦略用語解説

▲ページトップへ