ホーム > Webビジネス戦略レビュー > 教育・研究機関

Webビジネス戦略レビュー

WEB BUISINESS STRATEGY REVIEW

教育・研究機関


STEM教育がグローバルリーダーを育てる

今、アメリカの大学では『STEM教育』が注目されています。
STEM教育とは、サイエンス(science)、テクノロジー(technology)、エンジニアリング(engineering)、数学(math)に重点を置いた教育です。アメリカ経済が今後も拡大して行く過程では、間違いなく、これら4つの分野が中心を担うと言われています。STEM教育は、この4つの分野で多くのリーダーを育成し、アメリカ経済の牽引役となる人材を、社会へ輩出することを目的としたプログラムです。

続きを読む >


ビル・ゲイツ氏も投資する、世界を根底から変えてしまうベンチャー、ResearchGate

研究者向けソーシャルサイト。
言葉にすると非常に地味で、経済活動とは無縁のベンチャーに聞こえます。しかし、既にシリーズCで35億円を調達し、その投資家の中には、あのマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏も名を連ねているとなったら、この会社の印象は大きく変わるでしょう。それが今、科学の世界を根底から変えてしまうと言われている、注目のベンチャー企業、ResearchGateです。この会社が運営するソーシャルサイトは、世界中の科学者や研究者をオンライン上でつなぎ、従来よりも早く、そしてより効率的な研究活動を支援するサービスを提供しています。登録している研究者の数は300万人。130国以上の国々からアクセスされる、世界規模のサイトです。

続きを読む >


ロボットが教師に変わる次世代の教育現場、Ed-TechベンチャーCognii

もはやロボットの方が、論文やエッセイの採点が上手いとしたら、世の中の教師達は歓迎するでしょうか。
しかし、そういう時代は、すぐそこまで来ています。米国ボストンに拠点を置く教育系ベンチャー企業、Cogniiが提供するサービスは、自然言語処理技術を使って、生徒の記述式答案を採点するだけでなく、間違った回答に対してはヒントを与えたり、質問に答えたりする能力を持っています。
今日の教育現場では、教育プログラムが複雑になる中、教師側の時間はますます足りなくなってきています。授業の準備や資料作成、またオンライン受講の設計なども含めれば、その仕事量は膨大です。一昔前のように、生徒の全ての答案に目を通して評価する時間は、事実上なくなってきており、テクノロジーによる効率化への期待が寄せられています。

続きを読む >


ロンドンのウォーターフロントに金融テクノロジー系ベンチャーが集結 "Level39"

世界的に専門系のインキュベーション施設が増加しています。
これまでインキュベーション施設と言えば、そこに入居しているベンチャー企業の業種は様々でしたが、近年注目されている施設は、専門分野に特化したインキュベーション施設です。例えば、テクノロジー系企業の支援に特化する事によって、施設基盤のハイテク化だけでなく、入居するベンチャー企業同士の技術提携の促進や、テクノロジー系ファンドの整備、また、すでにIT業界で成功した事業家をメンターに迎えるなど、従来の施設と比べて、より戦略的にベンチャー企業をプロデュースして行くことが可能になります。

続きを読む >


[世界のウェブサイト]

edX - 革新的なオンライン教育プラットフォーム

今回ご紹介するのは、edXです。edXは、2012年、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)の共同プロジェクトとして始められたオンライン教育プラットフォームです。
このプロジェクトが発表されたとき、とても驚きました。やろうと思えば、日本の自分の家にいながらにして、ハーバードやMITの有名講義を受けることができるようになったのですから。

続きを読む >


[世界のウェブサイト]

Johns Hopkins University

世界のウェブサイト第4回は、世界トップクラスに位置するアメリカの私立大学、ジョンズ・ホプキンス大学。
医学・国際関係学が有名で私がお世話になっている慶應義塾大学医学部とも親交が深い大学です。
ジョンズ・ホプキンス大学のウェブサイトで特徴的なのは、"HUB"と呼ばれるニュースサイト。

続きを読む >


[世界のウェブサイト]

MIT OpenCourseWare

世界のウェブサイト、第3回は、MITのオープンコースウェアプロジェクトサイトです。
これは米国マサチューセッツ工科大学(MIT)が始めた、高等教育をインターネットで無償公開するプロジェクトで、2012年9月現在、約2100もの講義資料がインターネット上で無償公開されています。

続きを読む >


[世界のウェブサイト]

Quirky Kid Psychology Clinic

世界のウェブサイト第2回で取り上げるのは、オーストラリアの児童心療内科のウェブサイトです。
問題を抱えサイトに辿り着いた訪問者の緊張を溶き解してくれるような、優しくふんわりとした雰囲気のデザイン。

続きを読む >


[世界のウェブサイト]

University of Notre Dame

The Great Websites around the World、第1回はアメリカのカトリック系名門校ノートルダム大学の公式ウェブサイトです。
アクセスするとまず、ダイナミックに写真を用いたトップページに驚かされます。大学の美しいキャンパス画像の数々。受験生のみならず、見る人すべてが、このキャンパスを訪れてみたくなる演出です。

続きを読む >

美白生活 2015年10月オープン あなたのシミのお悩み解決します。

MEMBERSHIP

Webビジネス戦略レビュー会員

メールアドレスをご登録いただくと、最新のWebビジネス戦略レビューをメールでお知らせするサービスです。

お名前

メールアドレス

MOST VIEWED

【経営課題とブランド戦略vol.2】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(前編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.02】
スターバックスのブランド戦略がこれからも勝ち続ける理由

【ブランド戦略の威力 vol.14】
H&Mのブランド戦略

【経営課題とブランド戦略 vol.3】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(後編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.05】
日本酒「獺祭(だっさい)」のブランド戦略

【ブランド戦略の威力 vol.11】
なぜスターバックスは減速し始めたのか

【経営課題とブランド戦略 vol.6】
後発企業でも勝てるポジショニング戦略

30兆円の巨大市場、米国住宅リフォーム業界を狙う「Houzz」

【IT時代のブランド戦略 vol.06】
H&MとユニクロはUS市場を取れるか

実物の法律書類をオープンソースにしてしまう、法律業界の革命児Docracy

INDEX

教育・研究機関

公的機関

ファッション業界

フード業界

旅行業界

自動車業界

IT・家電業界

ネット業界

金融業界

健康・スポーツ業界

医療

海外事例

Webビジネス戦略理論

ブランド戦略理論

Keywords

ブランド戦略用語解説

▲ページトップへ