ホーム > Webビジネス戦略レビュー > インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則 1.インターネットは『検索』に支配されている

Webビジネス戦略レビュー

WEB BUISINESS STRATEGY REVIEW


インターネットビジネスを始める前に知っておきたい10の法則
1.インターネットは『検索』に支配されている

Google+
筆者近影

宮崎 晴人(ハルデザインコンサルティング株式会社 取締役会長)

2013/03/01

インターネットビジネスを始めて、すぐに直面する問題があります。
それは、サイトの訪問者数を増やすにはどうしたら良いか、という基本的なことです。訪問者数が増えないと、ビジネスそのものが離陸しません。したがって、これは、非常に初歩的、かつ、クリティカルな問題です。
実は、この問いに対するヒントは、身近なところにあります。「インターネットの世界とは、一体どんなルールで動いているのか?」この基本的なことを、あらためて考え直すところです。

今日のインターネット世界のルールは、何かと言うと、
「インターネットは『検索』に支配されている」
ということです。

つまり、インターネット=検索なのです。
なぜ、このように言い切れるかと言うと、理由は2つあります。
一つ目は、すべての行動は『検索』から始まる、ということです。通常検索はもちろんのこと、PPC広告でも、アフィリエイトでも、リターゲティング広告でも、すべてユーザに『検索』してもらうところから始まるのです。検索なしには、これらの集客方法はスタートすることもできません。
もう一つの理由は、リピートユーザでさえも『検索』してたどり着いている、ということです。成功しているECサイトの多くが、70%から90%のリピートユーザを抱えていますが、その4分の3はURLにダイレクトにアクセスせず、結局『検索』を通してアクセスしています。したがって『検索』がなければ、大部分のリピートユーザが、訪問できないことになってしまうのです。

インターネットビジネスで成功している会社は「インターネットのゴールは『検索』を制覇すること」だと考えています。
もっと言うと、検索を制覇することは、Googleを制覇することなのです。

Googleは、GDP世界上位40カ国の中で、35カ国でトップシェアとなっています(2013年2月アウンコンサルティング調査)。日本においては、Googleが88.5%と、驚異的なシェアを誇っています。かつては、Yahoo Japanと2大検索エンジンを競っていましたが、2010年11月にYahoo Japanが検索システムにGoogleを採用することをきっかけに、日本国内ではGoogleが圧倒的なシェアを握ることになりました。

インターネットが検索に支配されている状態で、検索がGoogleに支配されているとしたならば、インターネットそのものがGoogleに支配されていることと同じです。
つまり、インターネット=Googleです。
このようなGoogleのシェアに対して意見する声もありますが、2013年1月に、米連邦取引委員会(FTC)は、グーグルが圧倒的な市場シェアを背景に、広告サービスに関連して競合他社より有利な検索結果を表示していたかどうか調査していましたが、法的責任を問える十分な証拠が集まらなかったと指摘するに至りました。つまり、公平性ある運用が法的に認められた訳であり、今後もGoogleがインターネット世界に及ぼす影響力は大きいと言うことです。

したがって、インターネットビジネスをするにも、Googleのやり方に沿って展開しないと、思ったように成果が上がらないということです。
では、Googleのやり方とは、何でしょうか?
実は、Googleは丁寧なことに、ウェブマスター向けガイドラインというTIPSを公開しているのです。
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35769

これは何かと言うと「Googleが推奨するサイトはこういうものです」という指針のようなものです。先にお話しした通り、インターネットは現時点でGoogleに支配されていますから、冒頭の訪問者数を増やすためには、このガイドラインに沿うことは非常に重要なのです。
しかし、新しくインターネットビジネスを始める会社の中には、このことを知らないでサイトを構築しているところもあります。これでは、どんなにビジネスモデルが素晴らしくても、成果が出ないサイトが、世の中にまた一つ増えるだけなのです。

Googleのガイドラインを要約すると、こういうことです。
『ユーザにわかりやすく価値あるコンテンツを提供し続けるサイト』

『価値あるコンテンツ』とは、コンテンツ内容やコンテンツボリュームのことです。ガイドラインでは「サイトの独自性、価値が見られ、同分野の他サイトとの差別化」が重要であると書かれています。
『わかりやすく』とは、コンテンツ構成の方法や、操作性や導線のことです。
『提供し続ける』とは、情報発信の継続性や、更新頻度を言っています。

このインターネット世界の基本ルールを踏まえてサイト構築を行うことにより、まずは最重要な『検索』対策が可能になり、訪問者数の増加につながって行きます。インターネットビジネスを始める上では、非常に重要な法則の一つです。

READ MORE

美白生活 2015年10月オープン あなたのシミのお悩み解決します。

MEMBERSHIP

Webビジネス戦略レビュー会員

メールアドレスをご登録いただくと、最新のWebビジネス戦略レビューをメールでお知らせするサービスです。

お名前

メールアドレス

MOST VIEWED

【経営課題とブランド戦略vol.2】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(前編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.02】
スターバックスのブランド戦略がこれからも勝ち続ける理由

【ブランド戦略の威力 vol.14】
H&Mのブランド戦略

【経営課題とブランド戦略 vol.3】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(後編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.05】
日本酒「獺祭(だっさい)」のブランド戦略

【ブランド戦略の威力 vol.11】
なぜスターバックスは減速し始めたのか

【経営課題とブランド戦略 vol.6】
後発企業でも勝てるポジショニング戦略

30兆円の巨大市場、米国住宅リフォーム業界を狙う「Houzz」

【IT時代のブランド戦略 vol.06】
H&MとユニクロはUS市場を取れるか

実物の法律書類をオープンソースにしてしまう、法律業界の革命児Docracy

INDEX

教育・研究機関

公的機関

ファッション業界

フード業界

旅行業界

自動車業界

IT・家電業界

ネット業界

金融業界

健康・スポーツ業界

医療

海外事例

Webビジネス戦略理論

ブランド戦略理論

Keywords

ブランド戦略用語解説

▲ページトップへ