ホーム > Webビジネス戦略レビュー > [世界のウェブサイト] MIT OpenCourseWare

Webビジネス戦略レビュー

WEB BUISINESS STRATEGY REVIEW


[世界のウェブサイト]
MIT OpenCourseWare

Google+
筆者近影

宮崎 晴人(ハルデザインコンサルティング株式会社 取締役会長)

2012/09/25

世界のウェブサイト、第3回は、MITのオープンコースウェアプロジェクトサイトです。
これは米国マサチューセッツ工科大学(MIT)が始めた、高等教育をインターネットで無償公開するプロジェクトで、2012年9月現在、約2100もの講義資料がインターネット上で無償公開されています。
その公開の程度は講義により様々ですが、アメリカの有名大学に所属していなければ触れることも出来なかった、高度な教育資料が一般に公開されるようになったことは、画期的なことであり、インターネット、ウェブがなければありえなかったことです。
なかでも46講義については、全講義映像とノートが公開されており、非常に人気の高いコンテンツとなっています。
オープンコースウェアは、学生、受験生、教員、それぞれにとって大きなメリットがあります。

まず所属学生は、履修候補となる講義の過去の教育資料を参照することで、自分の学習目標に沿う講義選択をすることができます。
次に大学進学を目指す受験生は、自分の将来をじっくりと見据えた上で進路選択を行うことができます。
そして教員は、他の教育資料を参照し活用することでより高い質の授業を行うことができます。

2003年9月にスタートしたMITに続いて、多くの大学がオープンコースウェアに取り組み始めています。日本でも東大、京大、早稲田大、慶應義塾大など、多くの大学で実施されるようになりました。
大学のあり方はインターネットの技術進化とともに、今後も変化していくことでしょう。

MIT OpenCourseWare
MIT OpenCourseWare

MIT OpenCourseWare

http://ocw.mit.edu/index.htm

※掲載の画面キャプチャは2012年9月現在のものです

READ MORE

美白生活 2015年10月オープン あなたのシミのお悩み解決します。

MEMBERSHIP

Webビジネス戦略レビュー会員

メールアドレスをご登録いただくと、最新のWebビジネス戦略レビューをメールでお知らせするサービスです。

お名前

メールアドレス

MOST VIEWED

【経営課題とブランド戦略vol.2】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(前編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.02】
スターバックスのブランド戦略がこれからも勝ち続ける理由

【ブランド戦略の威力 vol.14】
H&Mのブランド戦略

【経営課題とブランド戦略 vol.3】
ルイ・ヴィトンのブランド戦略に学ぶ(後編)- 商品の価値を高めるには -

【IT時代のブランド戦略 vol.05】
日本酒「獺祭(だっさい)」のブランド戦略

【ブランド戦略の威力 vol.11】
なぜスターバックスは減速し始めたのか

【経営課題とブランド戦略 vol.6】
後発企業でも勝てるポジショニング戦略

30兆円の巨大市場、米国住宅リフォーム業界を狙う「Houzz」

【IT時代のブランド戦略 vol.06】
H&MとユニクロはUS市場を取れるか

実物の法律書類をオープンソースにしてしまう、法律業界の革命児Docracy

INDEX

教育・研究機関

公的機関

ファッション業界

フード業界

旅行業界

自動車業界

IT・家電業界

ネット業界

金融業界

健康・スポーツ業界

医療

海外事例

Webビジネス戦略理論

ブランド戦略理論

Keywords

ブランド戦略用語解説

▲ページトップへ