Menu

Menu

データドリブン・マーケティングサービス

TOP > データドリブン・マーケティングサービス > DMS for Owned Media

<コンテンツマーケティング>
オウンドメディア向けデータドリブン・マーケティングサービスとは

データ分析とKPI管理を用いた科学的なアプローチを通して
オウンドメディアのユーザー数を継続的に上げて行くサービスです

データ分析とKPI管理を用いた科学的なアプローチを通してオウンドメディアのユーザー数を継続的に上げて行くサービスです
データ分析とKPI管理を用いた科学的なアプローチを通してオウンドメディアのユーザー数を継続的に上げて行くサービスです

オウンドメディア向けデータドリブン・マーケティングサービスの進め方

オウンドメディア向けデータドリブン・マーケティングサービスは

Googleのガイドラインに従って、オーソリティ形成(下位コンテンツが上位コンテンツを補完する関係)が可能なテーマを特定し、Google Suggest機能からユーザーの検索パターンに合わせた派生テーマを用いてオウンドメディアのコンテンツ拡充を行います。

STEP1

Google Analytics

(1)検索キーワード別ランキング
(2)ページ別ランキング
(3)カスタマーサポートに集まった質問

Google Analytics

オーソリティ形成可能な「上位コンテンツ」のキーワードを特定

STEP2

Google Suggest機能

「下位コンテンツ」として有効な派生テーマを調査する

Google Suggest機能

STEP3

コンテンツ拡充とKPI管理

派生テーマを用いたコンテンツ拡充を行いそれぞれKPI管理を行う

コンテンツ拡充とKPI管理

派生キーワードの検索ランキング調査

Google Suggest機能による派生キーワードと、
オウンドメディアの検索ランキング調査を行い、現状を把握します。

例えば、オウンドメディアが「歯磨き粉」をテーマにしている場合、Google Suggest機能で「歯磨き粉」の派生キーワードを全て調べ、その検索を行った場合の貴社サイトの検索順位を調査します。
検索ランキングが10位以内(検索 結果の1ページ目)に入らないキーワードは、Googleのガイドラインに従って、コンテンツ拡充対策を行い、ラインキング改善を行う余地があります。コンテンツ強化を実施しランキング改善されれば、当然、ユーザーのランディングが活発になるため、オウンドメディア全体のユーザー数増加につながります。

派生キーワードの検索ランキング調査 派生キーワードの検索ランキング調査

対策が必要な派生キーワードを用いたコンテンツ拡充とKPI管理

対策が必要な派生キーワードを中心にコンテンツを拡充します

拡充したコンテンツがオウンドメディア全体のユーザー数上昇にどの程度貢献しているか、各コンテンツディレクトリやグループ毎にKPIを管理し、その進歩を分析します。ユーザー数が上昇傾向のコンテンツはさらに拡充し、下降傾向のコンテンツは拡充をストップします。

コンテンツKPI管理表

コンテンツKPI管理表 コンテンツKPI管理表

オウンドメディア向けデータドリブン・マーケティングサービスの導入方法

チーム内のデータに対するベクトルを統一し、論理的にユーザー数アップを目指します

 

1ヶ月目

2ヶ月目~

マーケティング企画会議 (弊社調査+共同会議)

マーケティング
企画会議
(弊社調査+共同会議)

初期データ分析調査

現状の上位コンテンツの閲覧状況と派生キーワードを調査するため、過去のアナリティクスデータの分析を行います

PLAN

初期データ分析の結果を基に、コンテンツ拡充の実行計画を策定します

CHECK

毎月、上位コンテンツと派生キーワードグループのユーザー数を分析し、計画の強化策を議論します

企画内容の実行 (貴社オペレーション)

企画内容の実行
(貴社オペレーション)

 

DO

実行計画に基づき、コンテンツ拡充、オウンドメディアの改善作業を行います

ACTION

上昇傾向にあるコンテンツディレクトリを強化策を実行し、オウンドメディア全体のユーザー数上昇に貢献させます

1ヶ月目

マーケティング企画会議 (弊社調査+共同会議)

初期データ分析調査

現状の上位コンテンツの閲覧状況と派生キーワードを調査するため、過去のアナリティクスデータの分析を行います

2ヶ月目~

マーケティング企画会議 (弊社調査+共同会議)

PLAN

初期データ分析の結果を基に、コンテンツ拡充の実行計画を策定します

CHECK

毎月、上位コンテンツと派生キーワードグループのユーザー数を分析し、計画の強化策を議論します

企画内容の実行 (貴社オペレーション)

DO

実行計画に基づき、コンテンツ拡充、オウンドメディアの改善作業を行います

ACTION

上昇傾向にあるコンテンツディレクトリを強化策を実行し、オウンドメディア全体のユーザー数上昇に貢献させます

DMS

株式会社PHP研究所

株式会社PHP研究所
PHP研究所の人材開発。Webデータ解析を通じてマーケティング戦略を構築
直販普及本部 本部長 瀬津 要 氏
Web広報部 部長 高橋勇一郎 氏
「経営の神様」と呼ばれた日本を代表する実業家、松下幸之助氏が、昭和21年に設立したPHP研究所。Peace and Happiness through Prosperity(繁栄によって平和と幸福を)を基本理念に、出版事業、人材開発事業、シンクタンク事業を通じて、よりよい社会の実現と繁栄を目指してサービスを提供しています...(続きを読む

お問い合わせ・資料請求

TOP